INTRODUCTION

豪華キャストで送る、青春音楽ドラマがこの冬日本を熱くする!!
ポリゴンマジックによる、<TVドラマ舞台連動企画>第二弾。

すれ違ってしまった兄弟の絆を中心にバンドにかける男たちの青春を描くオリジナル企画。
今年12月には漫画化、2018年1月にTVドラマ化、2018年3月に舞台化が決定している。
メインキャストはTVドラマと舞台両方に出演し、キャストが吹き替えなしでバンド演奏に挑戦する。
舞台でももちろん当て振り無しの生バンド演奏に挑む。

バンドマンの聖地でお茶の水実在する楽器屋や街を舞台に繰り広げられる
青春音楽ドラマから目が離せない!

STORY

「いつか武道館に立ちたい」
子供の頃、片山始(佐藤流司)と片山亮(染谷俊之)の兄弟は同じ夢を掲げるも、
母親の死をきっかけに別々の道へ。

数年後、始の作ったバンド「ダイダラボッチ」のメンバー5人は、待望のライブが決まる。
しかし、「ダイダラボッチ」のライブはガラガラで散々な結果に。
ライブの大トリは、話題の実力派プロデューサー・片山亮がプロデュースする「ヘブンズドア」。
彼らが登場すると、さっきまでガラガラだったライブハウスが観客でいっぱいに。
そんな中、「ダイダラボッチ」のボーカルが突然辞めることに。翌週にはライブが控えている。
不在のボーカルの代わりにギターの始が歌うことになるが――…。

兄貴にまた認めてもらいたい…。
始はその想いを胸に自分のバンド「ダイダラボッチ」で武道館ライブを目指す。